島の見どころ

プリンスエドワード島の観光ポイントをご紹介

キャベンディッシュ&北海岸

グリーン・ゲイブルス・ハウス

赤毛のアンの物語の舞台となった「緑の切妻屋根」の家。キャベンディッシュの観光では必見のスポットです。物語にそって作られたアンやマシュウ、マリラの部屋、その時代の調理器具が揃えられた台所など、ファンならずとも楽しめます。
入口で入場料を支払い、インタープリティブ・センターへ入ると、まず、モンゴメリの利用していたタイプライターや祖父母の写真(もとグリーンゲイブルズの玄関ホールにあったもの)、グリーン・ゲイブルス・ハウスの持主の写真などが展示されています。その後、グリーン・ゲイブルズ・ハウスやモンゴメリについてのビデオ上映を見てから、アンの時代の納屋を通り、グリーン・ゲイブルズ・ハウスへと進むようになっています。ギフト・ショップにはアンやPEIにちなんだ土産物が販売されています。

恋人の小径

グリーン・ゲイブルズ・ハウスの裏手に続く、ゆるやかな傾斜の赤土の道。木々がアーチ状に茂る小道はひっそりとした雰囲気で、本当に恋人と一緒に歩いてみたいところ。恋人の小径から続くバルサム・ホーロウ・トレイルもちょっとしたお散歩に最適です。

お化けの森

グリーン・ゲイブルズ・ハウスの下手に広がるうっそうとした森。木々が茂り日中でも薄暗い森の中を歩いてみると、アンが物語の中でお化けが出ると想像した気持ちがわかるような気がします。

モンゴメリのお墓

赤毛のアンの作者ルーシー・モード・モンゴメリは1942年4月24日トロントの郊外で亡くなった後、彼女がこよなく愛した、ここ、キャベンディッシュの共同墓地に夫、ユーアン・マクドナルドと共に眠っています。

キャベンディッシュ・ビーチ

荒々しい波に削られる赤土の断崖は、PEIらしい景色の1つでしょう。その向こうには、赤砂のビーチが続き、夏には海水浴客で賑わいます。

アヴォンリー・ビレッジ

アヴォンリー村のイメージで作られた歴史村アトラクションでしたが、ちょっと趣向を変えて、ショッピング&フード村となりました。PEIオリジナルのB級グルメも楽しめるので、キャベンディッシュご滞在中のランチに行ってみてはいかが。

モンゴメリの生家

ニューロンドンにある、この家でモンゴメリは生まれました。2階の寝室には赤ちゃんのモンゴメリが寝ていたであろうゆりかご、モンゴメリ自作のキルトやスクラップブック、彼女のウェディング・ドレスなどが展示されています。

グリーンゲイブルズ博物館

銀の森屋敷(シルバーブッシュ)とも呼ばれるこの家は、モンゴメリの親戚、キャンベル家の持ち物。モンゴメリはこの家が大好きで休日にはよくここを訪れていました。結婚式もここで挙げています。

ケンジントン駅舎

かつて島の東西を結んでいた鉄道は現在全て廃止されていますが、ここは島に残る数少ない駅舎の1つです。アンが島に到着しマシュウを待っていた、ブライト・リバー駅のモデルといわれています。

ケープ・トライオンの灯台

『アンの夢の家』でのジム船長の灯台のモデルになったと言われる灯台。写真のポイントとして人気ですが、灯台までの道は私有地のため、近年は立ち入りが制限されています。

フレンチ・リバー

観光ツアーでも必ず写真撮影に止まるビューポイント。入り江の向こうに建ち並ぶカラフルな漁師小屋と、緑の畑、赤い土のコントラストが美しい所です。初夏には道路ぎわに咲くルーピンが、彩りを加えてくれます。

PEIプリザーブ・カンパニー

島名物のジャム屋さん。甘さ控えめの手作りジャムはお土産としてだけでなく、自分用にも買いだめしたくなるおいしさ。私は「ラズベリー&ジャンパン」のジャムがお気に入りです! カフェ・レストランも併設されているので、ランチに立ち寄るのもいいですね。

ダルベイ・バイ・ザ・シー

赤毛のアンの映画や、アボンリーへの道でも撮影に使われたホテル。 レストランは雰囲気もお味も申し分なし。 記念のディナーなどにもお勧めです。 オープンは夏のみ。