モンゴメリの足跡を訪ねて

オンタリオ編

リースクデール Leaskdale

1911年にユーアン・マクドナルド牧師と結婚したモンゴメリは、夫の赴任に伴って、オンタリオ州リースクデールに移り住みます。 1926年までの15年間この地に住み、彼女の全22作品のうち11作品をこの地で執筆しました。
リースクデールで住んだ牧師館は、Lucy Maud Montgomery Society of Ontario の尽力によって、復元されモンゴメリ記念館として一般公開されています。


記念館内 モンゴメリの部屋


モンゴメリの生活を知る人たちの話や写真から当時の家の様子を再現しています。


アンの物語にも登場する犬の置物ゴグとマゴグ。モンゴメリのお気に入りでした


マクドナルド牧師が務めたセント・ポールズ長老派教会。


現在では観光客を受け入れたり、ファンの集会にも利用されます


ステンドグラスの美しい教会です


教会前にモンゴメリの等身大の銅像が作られました。 記念撮影もいいですね。

バラ Bala

1922年、モンゴメリがリースクデールに住んでいる間に、一家は夏の休暇でバラを訪れました。
ムーン・リバーとムスコカ湖に面した美しい避暑地で、モンゴメリの大人向けの作品「青い城」の舞台と言われています。  ハットン夫妻は、モンゴメリが滞在したゲストハウス「ローズ・ローン」 を購入してB&Bとし、一家が滞在中に食事を取っていた建物を「バラ博物館」としました。 ローズ・ローンはすでにクローズしましたが、博物館は2017年に25周年を迎えました。


ムスコカ湖
「青い城」で、ヴァランシーとバーニーが住むミスタヴィス湖は、この湖がモデルと考えられています。


モンゴメリの時代の様々なアンティーク


ここにもゴグとマゴグが


当時流行だったペパーミントグリーンのキッチン グッズ


ノーヴァル Norval

次の赴任先はトロントの西へ45分の町、ノーヴァル。 1926年から1935年の約9年間この地に住まいます。
この写真はマクドナルド牧師が務めたノーヴァル長老派教会。 レンガ作りの重厚な建築です。


ノーヴァル牧師館

ノーヴァルでも保存委員会の方々のご尽力と、多くの方たちからの寄付によって、牧師館も保存委員会の所有となりました。 現在は賃貸として貸出していますが、今後は、教会、牧師館共に、博物館やお客様を迎えるティールームなどとして整備していく構想です。

かつて「クロフォード・ビレッジ・ベーカリー」という町のベーカリーの店内に、モンゴメリ記念博物館があり、この地に住んだモンゴメリの想い出の写真などが展示されていましたが、残念ながら2014年11月に閉店してしまいました。


旅路の果て荘

モンゴメリの終の棲家「旅路の果て」。 ここでモンゴメリは1942年に67才で生涯を終えました。
トロントの郊外の静かな住宅地にあり、一般の住宅なので内部をご覧いただくことはできませんし、ツアーとしてご案内することは控えております。 どうしても訪問されたいファンの方は、そっと遠くからご覧いただき、私有地に踏み込むことのないようにお願いします。
近くの公園にモンゴメリが住んだことを記念するプレートが設置されています。